FC2ブログ
セルジオのやってきたこと、やっていくこと、日常。 俺の情報発信の場。ちょっとだけ公式的なもの。 それがセルジオフィシャル。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコニコ動画。

まぁ、のっけからこう

正統派なクリエイティブの話から思いっきりズレた話題です。



最近巷を賑わせている

ニコニコ動画」。


Youtubeのように動画を載せられるだけでなく、
視聴者がコメントを動画上に載せられることがポイント。

それにより仮想的ではあるものの、Web上での双方向なやりとりが
コンテンツを通して行うことができるようになっているのがミソ。

会員制であるのもまた魅力なのかな?ある程度の保護ではないが、
見るものが多少なりとも理解しているという前提で作品を
載せることができるのだ。


まぁ説明するとなんだかイマイチピンとこないだろうけれども。

かいつまんで言えば各個人が自らの作品をアップロードしやすい
「広大な内輪盛り上がり」ができる土壌が整っている、というとこ。


既存の作品をつなぎ合わせて面白おかしい動画を作る「MAD」という
二次創作的な文化は昔からあったが、それを作る職人が集まったり

なんでこの人プロじゃないんだというくらい個性的な歌い手がいたり

新しすぎる発想で体を張ったネタを披露する人がいたり。


とにかく面白いものを作る人たちのたまり場になっており、
まさに「才能の無駄遣い」が大量になされている場である。笑



まぁ、単純にその面白可笑しさが気に入ってるのは大いにあるが、
一番気に入っているのは以下のポイントである。

・「著作権侵害」に対するアンチテーゼ的な試みをいくつか行っていること 

 youtubeにも顕著に現れているように、こういったサイトは
 常に著作権法のグレーゾーンにいる作品が多数存在する。
 従来そういったものは、単純に侵害申告→削除という流れで
 抑圧されるしかなかった。

 しかし、ニコニコ動画においては、
 それに対して(もちろん申告からの削除は行っているが)、
 「ニコニコ市場」というシステムを用意することで、
 新しい広報手段・利益還元の手法を模索しているのだ。

 「ニコニコ市場」というシステムは基本的には至って単純。
 再生されている動画に関連する(とアップ主およびユーザが判断した)
 ものを動画の下部分にいくつか表示させることができるだけだ。
 
 これによって動画を見たユーザーがそこから通販サイトへと飛び、
 そのまま注文することも出来るというシステムである。
 
 しかしこのシンプルなシステムによって、
 「二次創作物が売上に直結する」という流れが出来上がった。

 事実、(このニコニコ市場が導入する前であるが)あるゲームは
 ニコニコ動画に二次創作物がUPされたことにより、飛躍的に知名度を
 伸ばし、企業側は黙認どころかニコニコ動画に広告や企画で進出したという例も存在するのである。

 他にもいくつか明らかに企業は気づいているのに黙認する姿勢を
 とって繁栄し続けるコンテンツは多数存在する。

 …もちろんそういうことが通用しない頭の硬い権利者もいるが。笑

 しかしこの試みはそういった成果を具体的に見せることによって
 著作権利者による削除を抑制することができているというわけだ。
 

 「二次創作物は著作権を侵害するものであり、利益を損なう」
 といった従来の著作権の考え方を根本からぶっ飛ばす考え方なのだ。

そういう意味でアンチテーゼとか小難しい言葉を使ってみたのだ。




純粋なクリエイティブからはホントかけ離れていますがね。

しかしビジネスモデルだとか、流行らせる仕掛けという点では
すごく興味深いものだと思います。

ネットに対応しきれていない“著作権”に一石を投じることになるのか。


このサイトが今後どうなるか大いに見ものである。

スポンサーサイト
ブログ。
研究ブログ開設しました。


http://blog.livedoor.jp/sergio_219/


という感じなので研究についてはそっちに書いていきます。


そのほかの…まぁものの紹介だとか

ゼミ関連のネタだとか。

そういうのをこちらで発信するブログにしようかと思います。
論点のぼやき
軽井沢合宿の報告はまた後ほど。
写真をなかなかPCにすいだせずちょっと困ってみたり。

で、代わりといっちゃなんですが

軽井沢で刺激を受けて多少ほぐれた頭で
今考えていることやら何やらをもやもやと。

こんなお時間なので思いつくままに色々考えてみます。

結構おさらいというか、初心に戻る意味合いもこめて。


○なんでイベントを扱おうと思ったのか?

 そもそもイベントは私たちの日常に色々おこるもの。
 変化そのものがイベント。しかしそんな身近なものでありながら
 あまり深く考えていない気がして。勉学として建築をやってきた中
 でも結局そこで何するの?どう活かすの?え、建築ありきで
 そこの使い方考えるの?おしゃれやら見事な建築であればそれで
 その空間が固定されてしまうのか?というかなんというか。

 こだわった建築がそこに建てられているが故に、
 その場所はその建築が支配する場所だという絶対的な
 固定観念が空間に定着する。それってどうなんだろ。

 だが純粋なるイベントは違う。フラットな場所であればあるほど
 大きな変化を生み出す可能性がある。どんな平地でも
 多少の幕やもので囲ってしまえばそれは「イベント会場」
 になりうるのだ。それは(日常から切り離し、興すものとしての)
 イベントの魅力のひとつなんじゃないかと。


○で、イベントの何を知りたいのか?
 
 具体的なものとしては経済効果以外の側面。
 イベントって、単純に面白いじゃん。感動するじゃん。
 それを何か指標にできないのか?面白さ=カネか!?
 企業や地域が儲ければそのイベントは成功なのか?
 儲からなくたって満足感を得られるイベントだってたくさんある。
 イベントがあることによってその場にいる人が受ける感動、
 衝撃、喜び。それらを計る術がほしい気がした。
  
 ただ、それらを導き出すには時間も体力も資金力もない。

 ということは何を見るべきか?何を知るべきか?

 イベントにかける人の思い、考え、狙い。
 経済効果以外の結果として現れているもの。
 空間に与える影響・変化ってどういう形で出てくるのか。
 それには正のものもあれば負のものもあるだろう。
 それを何かしら見つけたい。そこじゃないか。

○で、今なんか見えてる?


 う゛。
 
 まぁ正直前期の苦戦具合をまだ引きずってる状態ですが…

 ここまでやってきた中で一番気になっているのは
 イベント主催者の意思とは関係ないところで動いている力。
 
 来場する人の移動経路。(その経路での出費等も含む)

 地域の便乗商法や出店。

 これらはイベントがその地域・空間に与える影響を示す例として
 結構大きいというかわかりやすい事例なのかなと。

 どっかで大きなイベントがあれば、その地域に近くなくても
 そこにつながる主要交通路は大変なことになる。道路とか、電車とか。
 
 こういうところって経済効果に含まれているのかな?素朴な疑問。
 …イベントの経済効果の算出方法を洗い出してみる必要がありそうだ。

 あとはどこかでイベントがあればそれに乗っかる形で軒先で物を売ったり
 ちょっとしたイベントを開催するなどしている人たちも多くいる。
 そして客はそういった部分もイベントの一部としてみる。
 でも実際はほとんどの場合主催者と関係ない。
 それって純粋に、地域に与える影響力(事前に来客が読める、狙える)
 をはじき出すのに使えないこともないのかなぁと。

 うーん、どうなんだー。


○最終的にはどうなる?

 仙台。やっぱ自分の根本にあるのは仙台で何か面白いことを考えたい。
 これまで学んだことを仙台に落とし込んで、企画なりあるいは設計…

 本来ならどっちにするのかもう決めていたいんだけど、
 企画して、企画書のみが卒製ってのは正直怖いものがある。
 過去の例で地域イベントを卒製にして(未実施)、
 結構ぶっ叩かれた事例があるらしいので余計に怖い。

 …ってまぁ、それは俺から見ても「へ?」ってぐらいの内容の薄さなんだけども。
 別に地域市民でも考えられそうな内容だったのである。
 進歩が見えない。特筆すべきところが見えない。ただの地域おこし。
 しかし俺もそうなってしまいそうで多少怖いのである。
 人の振り見てわが振りなおせ。と。

 そのためにも着眼点をもっと絞らなきゃならないんだが…



うーあー



ってところで本日の思うところは終了でございます。


明日明後日不在の後、7日より再起動です。


○今後の予定&タスク
・七夕まとめきれてないのまとめ
・スケジュール再考(すでにずれが…)
・質問洗い出し(主催側・参加者それぞれ対象で)
・ジャズフェス現地調査&事務局アタック
・どまつり事務局への質問(洗い出し急ぐ必要あり)
・YOSAKOIソーラン参加者フォーラム参戦
・高森の市民センター祭りで、バイトついでに現地調査
 (ものっそ小さいレベルの地域イベントもチェックしときたい気が)
・自らの企画イベントとのリンク(ART.学祭等)
卒論・現状
昼間は監視員のバイト
夜は卒論を含めた各種タスク処理ということで
なかなか厳しい今日この頃ですが現状をば。


○進行中
前期研究の論文化(現状:40%程度)→合宿までに完了
現地調査(仙台七夕について)効果範囲のまとめ→合宿までに完了
WEB意見調査→訪問者の感想・意見を読み取る(現状はそれのみ)
 
・懸案事項
  WEB意見調査の論点設定→何をどう読み取る・聞くか?
              直接聞くほどの確固たる理由が見出せず

懸案事項に対する対策
  ■まとめ
   現状収集済の情報でまとめてみないと結果もわからない
   どのような形にするにしても現状の調査済み内容である
   現地調査・WEB意見読み取りの結果をまとめる必要あり。

  ■対象事例の追加。よりグレードアップした調査をするため。
    →定禅寺ストリートジャズフェス
     関係者に知人多し。事前準備を整える十分な期間。
     事務局への直接アプローチ可能、などの利点あり。


○今後やること
・論点の整理
・YOSAKOI参加者フォーラムへの参加調整(資金が間に合うか…?など)
・にっぽんど真ん中祭り(http://www.domatsuri.com/)の情報収集・関係者への質問内容準備

○ほか気になること
・経済効果面以外の観点を絞る(上記論点の整理に当たる)ときに
 あまりにも何でもアリな状況からどうやって絞るべきか?(前期の反省)

・夕張まで行ってお金がもつのか?(苦笑)



こんなところです。


合宿までに詰めるのが夏休みのひとつのヤマだなー


以上!
前期研究参考資料
今回の研究で軸になったものはこちら。

イベント観光学―イベントの効果、運営と企画 イベント観光学―イベントの効果、運営と企画
コリン・マイケル ホール (1996/06)
信山社出版
この商品の詳細を見る



イベントに関する測定基準が経済効果ぐらいしかないことに疑問を呈し、

社会的・政治的などの観点からもイベントを分析するための

評価基準になりそうな内容が色々。


あと、イベント製作の現場の人々の声が詰まってるのがこちら。

イベントの底力―企業を変える、地域を変える イベントの底力―企業を変える、地域を変える
真木 勝次、平野 暁臣 他 (2002/05)
日経BP企画
この商品の詳細を見る



今回の研究で主軸となったのはこちらの二冊である。


他参考としては

社団法人日本イベント産業振興協会

株式会社yosanet(YOSAKOIソーラン祭の母体ともいえる会社)



以上である。



これから読んでみたいと思っているのは以下の通り。

現場主義のイベント企画 現場主義のイベント企画
TOWイベントプランナーズスクール (2002/04)
日経BP企画
この商品の詳細を見る



イベント営業演出家―業界のプロが語る こんな素敵な仕事はない イベント営業演出家―業界のプロが語る こんな素敵な仕事はない
小林 雄二 (2006/11)
経済界
この商品の詳細を見る



コトづくりの眼―イベントを読み解く48の着想 コトづくりの眼―イベントを読み解く48の着想
平野 暁臣 (2005/07)
日本実務出版
この商品の詳細を見る



イベント戦略入門―企画・展開・実施 / 湯沢 明


公共空間の活用と賑わいまちづくり―オープンカフェ/朝市/屋台/イベント 公共空間の活用と賑わいまちづくり―オープンカフェ/朝市/屋台/イベント
篠原 修 (2007/05)
学芸出版社
この商品の詳細を見る



とりあえずこんなところかー




あ、一個忘れてた。



YOSAKOIソーラン祭り―街づくりNPOの経営学 (岩波アクティブ新書) YOSAKOIソーラン祭り―街づくりNPOの経営学 (岩波アクティブ新書)
坪井 善明、長谷川 岳 他 (2002/06)
岩波書店
この商品の詳細を見る



YOSAKOIソーラン事務局に問い合わせたところこれを見てほしいとのことなので

シンポジウム参加の前にこれを一読しておかねば。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。